飛距離アップweb     石にかじりついてもあと30ヤード伸ばす方法


飛距離アップWEB TOP

目次




掲示板



クラブランキング

クラブを選ぶ時の注意

推薦商品



メールで質問

掲示板で質問

体験談



相互リンク



メールマガジン配信
(最新飛距離アップの方法を定期的にメールでお知らせします。登録すれば雑誌を買う必要なくなるかも?)

TOPページ目次飛距離の出るドローボールの打ち方




ドローとフェード、どちらが飛ぶの?

一般には、ドローボールとフェードボールでは、どちらが飛ぶのかというと、当然ドローボールのほうが飛ぶということになっていますよね。

でもプロの中では、今、フェードボールを打つプレイヤーの方が、圧倒的に多くなっています。それは何故かというと、やはりフェードボールのほうが安全だからです。

プロの間では、「スライス3年、フック8年」といって、プロの練習量をこなしたとしても、スライス系のボールは3年でマスターできるが、フック系のボールは8年かかるという意味です。

あなたが研修生で、フックかスライスかどちらか迷っているとしたら、それは間違いなくスライス系のボールをマスターするべきです。


しかしながら、このサイトは、何度も言うように、飛距離を1ヤードでもアップするためのサイトですので、どうしてもドローボールにこだわってみましょう。

なぜなら、絶対にドロー系のボールのほうが、飛ばしには有利だからです。

アマチュアの90%は勘違いしている

では、実際にドローボールの打ち方をレクチャーしてみます。アマチュアの殆どは、ドローボールはインサイドアウトに振るものだと思っていますよね。そのためにはスタンスはクローズに構えるべきだと考えていますよね。

そこに大きな勘違いをしているのです。

まずまっすぐのアドレスを示して見ます。これはこれでオーソドックスなアドレスです。





次に、ドローボールを打つためにアドレスしてみましょう。これでいいでしょうか?



これは全然駄目です!こんなアドレスではドローボールは打てても10球に1球、あとは全部チーピンか右にスライスですよ・

「え?どこが悪いの?ちゃんとクローズになっているし、ボールも左足かかとにきているし・・・・」

よく見比べて下さい。これが正しいクローズドスタンスの作り方です。


わかりましたか?え?どこが違うか良く見てもわからないですか?大丈夫ですよね。

実は、ボールの位置がちがうのです。クローズドスタンスにするまでは同じですが、

ボールをスタンスの向きに対して左足かかと線上におくということです。
わかりましたか?

こうすることで、自分の体とアドレスに対していつもボールは同じ位置にあるということになります。

2番目の図は、自分のアドレスに対して、ずいぶんボールは前に出てしまっていますよね。

あとは簡単です。ボールを包み込むようにスイングしてあげれば、簡単にドローボールが出るはずです。



ティーチングプロの選定に

物理的にいって、これ以外のアドレスは考えられません。ブッチ・ハーモンも、レッドベターも、全部この教え方をしています。

ですから、もし今あなたにティーチングプロの先生がいるのなら、一度、ドローボールの打ち方を教わってください。

もし2番目のようなアドレスを教えているようなら、そのプロとは離れたほうが懸命です。

ボールを包み込もう

アドレスが理解できたでしょうか?もしわからない場合はメールでご質問下さい。

そのアドレスができたら、後は、いつもより若干、ボールを包み込むようにボールを拾ってあげればOKでしょう。

包み込むというのは、こういうこと。文字で書くより、図をみれば一目瞭然でしょう。



ほら、これでまた   10ヤード伸びた!!


ゴルフ用品、スポーツの関連ページへ戻る

Copyright(C) 飛距離アップweb All Rights Reserved